最近のトラックバック

« 珈琲の効能その2 | メイン | コーヒーブレイクその0 »

2007年1月13日 (土)

コーヒーの語源

大きな声で言えないが、ぼくはコーヒーについて知らないことが多い。というより、何度憶えても、すぐに忘れてしまう。でも、コーヒーのことを知らないからといって、好きな女に振られることはない。もし、
「ねえ、どうしてコーヒーはコーヒーっていうの?」
などと聞かれても、あわてる必要はない。てきとうに答えればよい。例を挙げてみよう。
「コーヒーの語源を知りたいんだね? そうだな、ぼくはフツーの女の子にはテキトーに答えることにしているけど、君は特別だから、ちゃんと答えるね。そのむかし、コーヒーの実は、お酒の原料だったんだ。赤く熟した実を発酵させてお酒を造っていた時代があった。コーヒーはアラビア語でコーヒーを意味するカゥア(Qahwah)が訛ったものだけど、カゥアはもともとワインを意味していたんだ」
「ふぅーん、意外だわ。ワインなのね、コーヒーって」
「うん、そうなんだ。あ、知人から珍しいワインをもらったんだけど… どう?今夜の予定は」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/190468/6736371

コーヒーの語源を参照しているブログ:

コメント

ふ~ん、・・・
私、いつでも いいわよ、ハハ・・・ハハ・・・ははは・・  ばいちゃ~!!

じゃあ、今夜、いつもの時間、いつものあの場所で

コメントを投稿

定休日の案内

ご近所ぶろぐ

リンクページ