最近のトラックバック

« 2007年1月 | メイン | 2007年3月 »

2007年2月 9日 (金)

夕日に向かって叫べ

Rose_01青春TVドラマは今もあるのだろうか。ぼくの時代には「俺たちの旅」というTVドラマがあった。地面を這いずり回るような青春時代。赤くゆがんだ太陽が画面いっぱいに広がって沈んでいく。
バカヤロー
叫んでみてもあの日は帰らない。ぼくは、最近仕入れたハーブティー「ハイビスカス&ローズヒップ」8袋入り税込み430円を飲みながら、あの日、いつまでたっても沈まない、にじんだ夕日を思い出していた。

2007年2月 2日 (金)

雪のち晴れ

Toraja_01
わが家は高台にある。朝起きて道路に雪が積もっていたら、店に行くのはやめよう、と思っていた。目を覚まし、ベッドから起きてカーテンを開けると、木々はうっすらと雪化粧してるものの、化粧嫌いのアスファルトはいつもと変わらず黒い地肌をさらしていた。ぼくは出勤することになった。道は混むことなくスムースに流れた。7種類の珈琲豆を焼き、最後に昨日入荷したスーパー・カロシを焼いた。夕方、西側の窓から日がさしてきた。そろそろ味も落ち着いた頃だろうと、スーパー・カロシを淹れてみた。キリッと引締まった独特の苦味を、甘くやわらかい苦味がふんわりと包んでいる。こういう男がいたら、さぞかしもてるだろうな。ふいに、そんなことを思った。

定休日の案内

ご近所ぶろぐ

リンクページ