Twitter

サイト内リンク

ご近所ぶろぐ

2017年6月 6日 (火)

曇り空

170606_01

ラジオで言ってた。梅雨に入ったんだって。曇ってるのはそのせい

17060615

▼▼▼▼▼▼▼が近づいてきた。明日は雨?

2017年6月 5日 (月)

月曜の月

170605_04

というわけで、今夜は月を撮ってみた。

170605_05

今日は休みだったので、のんびり楽しみながら望遠鏡の主鏡と斜鏡の光軸合わせをした。目視で調整したので、厳密には合ってないけど、像は見違えるほどシャープになった

170605_06

月の右に見えるのは木星。土星も撮りたかったけど、雲が出てきた

2017年6月 4日 (日)

それでも土星は遠かった

170605_01

というわけでスマホで土星を撮ってみた

170605_02

望遠鏡にくっつけて

170605_03

光軸を合わせるのが意外と難しい。めんどくさい

2017年6月 2日 (金)

土星は遠かった

170602_01

さっき、カメラに望遠レンズをくっつけて撮ったんですが。土星に見えますかね

2017年5月31日 (水)

急がば回れ

170531_01

あちこちでアジサイの花を見かけるようになった。いよいよ、あいつのお出ましか。

170531_02

数日前見た映画の原作を読んでたら、「光は最短時間で到達できる経路を通る」という、フェルマーの原理の説明が出てきて、光の、その非日常的な振る舞いぶりに今更ながらビックリ。と同時に、そんなことも知らなかった自分の無知にガッカリ。説明を読んでファインマンの二重スリット実験を知った時と同じくらい興奮した。光は最短距離で到達できる経路を通る、のではなく、最短時間で到達できる経路を通る、のだという。たとえば光が空気中から水中に入るときに屈折すれば、当然ながら直進するより遠回りになるが、その方が早く到達できるからそうするのだと。つまり、空気中より水中の方が光の進行速度が遅いため、水中での経路が短くなるよう、前もって進路を調整するんだって。ほんまかいな、そうかいな

2017年5月29日 (月)

この広い野原いっぱい

某火山の麓にピンクの花がいっぱい咲いている、というので、行ってみることにした。山道をくねくね上り、500円払って駐車場に車を止め、杖を持った登山者に交じって細い道を進む。ヨッパライ某とのろのろ歩いていくと、帰りの登山者とすれ違い、そのたびに「こんちゃ~」と挨拶。最初は少し恥ずかしいが、すぐになれる。しばらく歩いたが、目的地が見えてくる気配がない。ヨッパライ某が、あとどれくらいなの?と、聞くので、どれくらいだろうね、というと、えーー、知らないで連れてきたの? と急速に不機嫌になった。そして、すれ違った人に、あとどれくらいですか、と、聞いていたが、10分くらいですよ、という返事に、少し安心したようだった。けれども歩き方が遅いせいか、10分経っても道はまだ続いていた

170529_01

やっとたどり着いた。ピンクの花は満開だった

2017年5月28日 (日)

二人の世界

170528_01

午後7時を少し回ったころ、店を閉めて天文館に出かけた。夕食は餃子で有名なあの店。カウンターに二人並んで座り、注文票にチェックを入れる。あの頃と少しも変わらない。時間が巻き戻されたような気分

170528_02

映画館に行って、メッセージ、というSF映画を見る。これは異なる言語を持つエイリアンとのコンタクトを扱った作品。映画ではエイリアンの言語を理解する過程に重点を置いていたけど、できたら、全く異なる言語を手に入れたことによって現れる世界の表現に時間を割いてほしかった。言語が違えば世界の見え方もずいぶん違うだろうし、ぼくの関心はそこにあるから

2017年5月26日 (金)

今日の空

170526_01

クラゲの大移動

170526_02

2017年5月25日 (木)

さらば青春

170525_01

昨日、クーラーのスイッチを入れたところ、ついに恐れていたことが起きた。忘れかけていた、あの懐かしい青春のニオイがクーラーから吹き出してきたのだ。コーヒー屋に青春のニオイはいらない。青春のニオイは運動部の男子部室にこそふさわしい。というわけで、今日はいつもより2時間早く店に来てクーラーの分解清掃を始めた。外装を外し、洗剤を噴射しながら丁寧に洗う。ぬるま湯で十分にすすいだ後、乾燥させ、元通り外装をかぶせて終了。こう書くと簡単そうだが、けっこうめんどくさい。スイッチを入れると、あの懐かしい青春のニオイはどこかに消えてしまっていた

2017年5月24日 (水)

雨のウエンズデイの午後

朝からどんよりした曇り空で、なんだか気分も湿りがちだった。店に着き、ラジオをつけるとスピーカーから山下達郎のWINDY LADYが流れ出した。湿った空気が少し乾いた気がした

170524_01

午後から雨が降り出した。なんとなく古い歌謡曲が聞きたくなって、苦いコーヒーを飲みながら飽きもせず延々と聞き続けた。日が沈むころ、Gメン75のエンディンテーマがスピーカーから流れだした。どういうわけか、これが驚くほど今日の気分にマッチしていた

本日 昨日

最近のトラックバック