Twitter

サイト内リンク

ご近所ぶろぐ

2017年8月 6日 (日)

今日もコーヒーを焼くのだった

某コーヒー店は台風の中、営業しています。

片づけないといけない仕事が山積み(笑)

2017年8月 4日 (金)

夜の訪問者

170804_01

台風が来る、つーので、夕食後、庭に転がっている鉢や道具などを片づけた。終了後、家に入ろうとすると、玄関の前で小さな訪問者が待っていた。クワガタの雌だろうと思って拾い上げたら、コクワガタだった。冷蔵庫にスイカかメロンがあったら、しばらく飼おうと思ったけど、なかったので、ちょっと遊んだ後、庭に放した

2017年8月 2日 (水)

浜辺のように

ある本を読んでたら、次のようなくだりに出くわし、ため息が出た。やれやれ、まったくその通り、この年になってやっと気づくなんて

頭に起きたこうした無意識の波が、意識の白い、滑らかな砂の上に偶然にどんな宝を、どんなに見事に磨きあげられた小石を、或いは海の底にあるどんな珍しい貝を投げ出すか解らない。ほら貝、つめた貝、或いはたこぶねさえもが打ち上げられるかもしれない。しかし、それをこっちから探そうとしてはならないし、ましてそれが欲しさに砂を掘り返したりすることは許されない。海の底を網で漁るようなことをするのはここでは禁物で、そういうやり方で目的を達することはできない。海はもの欲しげなものや、欲張りや、焦っているものには何も与えなくて、地面を掘りくり返して宝ものを探すというのはせっかちであり、欲張りであるのみならず、信仰がないことを示す。忍耐が第一であることを海は我々に教える。忍耐と信仰である。我々は海からの贈り物を待ちながら、浜辺も同様に空虚なってそこに横たわっていなければならない。

アン・モロウ・リンドバーグ(著) 海からの贈物 より抜粋

2017年7月31日 (月)

白い一日

170731_01

いつもはいくら暑くてもエアコンなしで車を走らせるのだけど、あまりに暑いので窓を閉め、エアコンのスイッチを入れた。車外の気温は場所によっては36度を示していた。1時を回ったころ、海の見える食堂に車を止め、魚料理を食べた

170731_02

予報では晴れだったが、地表に靄がかかり、青空はほとんど見えなかった

170731_03

カラスウリの花が満開

170731_06

独特の風情がある。庭に植えてみたい気もする

170731_04

アンポンタンソフトクリーム。ほんのり苦みがあって、おいしかった。写真を撮っているうちにみるみる溶けて、手がべとべと

2017年7月29日 (土)

夏なのに その2

130711_01

悲しいニュースが入ってきた。

--- 森永乳業のロングセラーアイス商品「ダブルソーダ」の販売が終了した。1983年の発売以来、手頃な価格と変わらぬ味で幅広い世代から人気を集めてきたアイスバーが、34年の歴史に幕を閉じた ---

上の写真は4年前の夏に撮ったもの。まさか無くなるなんて。信じられない

2017年7月28日 (金)

ピカピカにしてあげる

170728_01

それにしても暑いですな。夏って、こんなに暑かったっけ。まあ、寒いのよりはずっといいけどね。というわけで、この一番暑いときに、恒例の大掃除が始まるのであります。例の機械を分解し、掃除して、また組み立て直す。新品同様、ってところまではいかないけど、見えないところもピカピカ。ぼくの体も時々分解し、きれいに掃除して組み立て直すことができたらいいのに。女の子が振り向くくらいピカピカにね

2017年7月26日 (水)

限りなく透明に近いボクに

P7247666

日野原重明さんの「生き方上手」という本を読んでたら、次のようなエピソードがでてきて、なるほどな、と思った。希望というのは、こういうことなのかもしれない。知ること、分かることで自分が次第に透明化していくこと。

禅の大家であり長年アメリカに住んでいらした鈴木大拙師の主治医を、私は先生が90歳のときからご臨終までの6年間務めました。先生は80代半ばに帰国される際、岡村美穂子さんという20代の日系二世の秘書を伴われましたが、ある日、岡村さんにこうおっしゃいました。
「きみ、長生きはしたまえよ。90歳にならないとわからないことがあるからね」と。

2017年7月25日 (火)

知られざる世界

P7247635

昨日、ヒマワリの写真を撮っていたら怪しい雲が近づいてきた

Mothra_02

ぼくはこの風景を思い出した

2017年7月24日 (月)

ひまわり、夕立、蝉の声

170724_01

夏が来た。麦わらをかぶって、いつものようにヒマワリに会いに行く。「今年もよろしく」

170724_03

海。夏の海。子供は泳いでいたが、まだビキニのお姉さんはいなかった

170724_04

打ち上げられた大きな赤い電球。変な貝が付着している。長い時間、海を漂っていたようだ

170724_02

エネルギー補給

2017年7月22日 (土)

熱帯夜

170722_03

蒸暑い夜 → 氷の浮かんだ琥珀色の水が飲みたくなる →

170722_02

→ できたら涼しげな音楽があるといい。音が良ければもっといい

170722_01_2

→ というわけで、いつの間にか、いつものジャズ喫茶のカウンターに座っている →