Twitter

サイト内リンク

ご近所ぶろぐ

« 2018年4月 | メイン | 2018年6月 »

2018年5月の記事

2018年5月28日 (月)

とけないアイスクリーム

180528_02

iPodの調子が悪くなったので初期化することにした。ブルートゥースでカーオーディオにつないで使っているのだけど、最近、頻繁に途切れる。そろそろ寿命なんだろうと思ったが、新しいのを買う前に初期化してみることにした

180528_01

初期化終了後、以前の設定を読み込ませるか聞いてきたが、それはせず、一から設定し直すことにした。Windowsで言うところのクリーンインストール。Windowsはレジストリが肥大してくると不具合が出やすくなる。iOSではどうなんだろう

180528_03

工場出荷状態に戻ったiPodの調子を見るために、雨の中ドライブに出かけた。およよ、ぜんぜん途切れないじゃん。やったぜベイビー!(古すぎるぜ)

180528_04

昼食は港町近くの店でマグロラーメンにした。ラーメンを食べていると小田和正の歌声が流れてきた。初めて聞く新しい曲だった。この人の歌は年をとっても変わらない

180528_06

先日、イエーツの詩集を読んでいて、その解説に、イエーツの詩はワーズワースなどと比べ、年をとっても衰えがない、みたいなことが述べられていて、その理由を、イエーツは醒めることのない女性への熱い思いを詩に織り込んでいるからだと説明していた

180528_05

一部の男たちは、自分の中にある永遠の女性像を目の前の女性に投影してそれを追いかける。でもそれは幻だから、追っても追っても逃げ水のように遠ざかってしまう。ユングの言うアニマだ

180528_07

本人は幻だとは思っていないから、死ぬまでそれを追い続ける。年をとっても人の心を打つ切実な詩が書けるのはそのせいだ。かも

180528_08

2018年5月27日 (日)

オジサンには理解できないのです

180527_01

手の爪だったら分からないでもないけれど、なんで足の爪なんかに? って思ってしまうのは、ぼくがオジサンだから? ペイント料5800円 ホンマかいなーそーかいな

180527_10

2018年5月23日 (水)

風車は回る

風が止まったように感じる。不安になって、本棚からイエーツの詩集を取り出し、急いでページをめくる。そこに答えがあったような気がして。風が止まる。風向きが変わる

2018年5月21日 (月)

なんとなく魚フライ

180521_01

朝起きると時計は9時を回っていた。昨夜は遅くまで部屋の掃除をしていた。窓を開けたまま出かけたら、あの火山から飛んできた灰色の粉が部屋中に積もっていた。ぼくは黙々と掃除機をかけ、ぞうきんを何度も洗いながら灰色の粉をふき取った。ぼくはその日のエネルギーを使い切って眠った。朝起きると時計は9時を回っていた。家には誰もいなかった。キッチンには熱いコーヒーが入ったポットもなかった。空は暗い灰色で風が強かった。昼食は何にしよう

2018年5月17日 (木)

読書灯

180517_01

今日は年に一度のヨッパライ某の誕生日。ビールで乾杯したあと、今日は特別にあのテーマ曲をかけて誕生会をスタートさせた

ケーキはいつものように近所のケーキ専門店で調達。ここのケーキは甘すぎないところがいい

180517_02

プレゼントは例によって迷いに迷った挙句、読書灯、というものにした。彼女は時間があれば本を読んでいる。まるで本の亡霊にとりつかれたように。ぼくは思う。人生を削ってまで本を読むのはどうかしてる。なんて言いつつ、キミの目が悪くならないように、とか言って読書灯をプレゼントするぼくもどうかしてる。そうだ、この矛盾を解決するべく、ショーペンハウアーの「読書について」も一緒にプレゼントしよう。本を読むとバカになる理由を痛快に述べている読書家必読の名著だ。プレゼントされた読書灯で、本を読むとバカになる、という本を読む。なかなかステキなアイデアだが今回はやめておこう

2018年5月16日 (水)

微熱少年の夏

そろそろ夏の準備をしなくちゃね

2018年5月14日 (月)

あの島になにがあるの

180514_01

私が止めても、あなたは行ってしまうのね。そうよ、あなたはそういう人だもの。あの島に何があるというの

180514_02

多くの人が渡って行く。思いつめた表情で。ぼくは靴に砂が入るといやなので行かなかった

180514_03

あの島の近くの植物園に行ってみた。植物園に何があるというの

180514_04

雨の季節を演出する舞台装置はほぼ出そろった様子。葉っぱの裏にはカタツムリが待機していた

180514_06

眩く咲き誇っていた黄色い花は不気味な枝豆に変身していた

180514_08

ランチは怪獣池近くのイタリアレストランで。ここはいつも満員

2018年5月 9日 (水)

ツタンカーメンの豆

180509_01

店のお隣の庭に遊びに行ったら、変な色のエンドウ豆がいっぱいぶら下がっていた。写真を撮っていると、お隣のご主人がやってきて、それはツタンカーメンのエンドウだよ、と教えてくれた。ツタンカーメンの墓から出てきた豆を植えたら、なんと発芽した!というあの奇跡の豆だ。これを食べるとツタンカーメンの呪いで腹をこわし、死ぬこともある。という話はまだ聞かない。なんだか興味がわいてきて、店に戻ってネットで調べてみた。するとおもしろい記事が見つかった。それはツタンカーメンのエンドウ? という記事。それによると、あの吉村作治氏いわく、「ツタンカーメン王墓からエンドウ豆は出土していません」。 はぁ? 以下、その記事。記事の真ん中あたりに、

---- 控え室で協議会の会長の井上さんという方から「ツタンカーメンのエンドウ豆は本物か」という質問を受けました。これはどこに言っても聞かれることなんですが、ツタンカーメン王墓からエンドウ豆は出土していませんとしか答えようがないのです。どうも大賀ハスのことがあるのでこれを信じやすく、全国的に広がっているのですが、何回違うといっても書き続ける新聞に問題があるのだと思います。 ----

とあります。なーんだ、つまんないの

2002_4_16

ぼくも植えてみようと思ったのに。ツタンカーメンの呪いの豆

180509_02

2018年5月 7日 (月)

a long vacation 5日目

赤く点滅していたカラータイマーが青に戻った。仕事のことなどすっかり忘れて5日間休んだ。

キミのカラータイマーは点滅してないか。カラータイマーの役目はキミを守ること。もし点滅してたら、とにかく休もう。ん?点滅したことなんて一度もないって? キミのカラータイマーは壊れてるのかもよ

2018年5月 6日 (日)

a long vacation 4日目

180506_04

予報では午後から雨とのこと。ドライブに出かけるのはあきらめ、朝一番で散髪に行った。いつもは車で行くのだが、時間はあるし、ウォーキングを兼ねて歩いて行った。片道1.5キロの道のりは、ほぼ全行程、遊歩道。この遊歩道にはブルーベリーロードというしゃれた愛称が付いており、側面はブルーベリーで埋まっている。それが仄かに色づいて、なかなかいい具合。散髪の帰り、雨が降り出した。途中、運動靴をたくさん外に干している家があったので、チャイムを鳴らし、「通りすがりの者ですが、雨が降り出しましたよ」と教えてあげた。今日のぼくは機嫌がいい。いつものぼくはこんなことはしない

180506_01

昼食はどこで食べようか、と迷い、おもしろい映画があったらそれをみて食事にしよう、ということになった。でも、興味を引く映画はなかった。とりあえず駅ビルに出かけ、買い物をして食事をすることにした。駅ビルは多くの人であふれかえっていた

180506_02

帰りにいつものJazz喫茶に寄って食後の珈琲を飲んだ。スピーカーの高音域を受け持つホーンがピカピカのラッパになっていた。ドライバーは前と同じものだそうで、とてもいい音を出していた

180506_03

2018年5月 5日 (土)

a long vacation 3日目

180505_01

朝早く起きてしまったので、カメラを持ってバラ園に出かけた。

180505_02

朝のバラ園は静かだ。もしかすると、麦わらをかぶった髪の長い女性とすれ違うかもしれない。

180505_03

麦わらの髪の長い女性はいなかったが、ウォーキング中の元気なオバさんに声をかけられた。

180505_04

彼女は昔、麦わらをかぶった髪の長い女性だったかもしれない。

180505_05

時計は7時半をまわった。人が増え始めた

180505_06

そろそろ帰って、熱いコーヒーを飲むことにしよう

180505_07

180505_08

うちに帰ってコーヒーを飲み、本を開く。

180505_09

どこかで食事にしよう、ということで、海の方に車を走らせた

180505_10

どこの食堂も行列ができていて、2時を過ぎていたのに30分待たされた

2018年5月 4日 (金)

a long vacation 2日目

180504_01

庭のスタージャスミンが満開。散歩している人が立ち止まって匂いを嗅いでいく

180504_05

8年前にフラワーパークで買った苗。ずいぶん大きくなった

180504_02

今日は屋上に出るドアの前の床を修理した。ドアを開けっぱなしにしていることが多いので、雨や日光に晒され表面がボロボロ

180504_03

めくれた突板を接着剤で修理し、ウレタンニスを厚塗り

180504_04

ニスが乾いたころ、用事で出かけていたヨッパライ某が帰ってきた。そろそろ夕日が沈む時間だったので、屋上に出て缶ビールを開けた。風が冷たかった。海に目をやると、大きな船が沖に向かっていくのが見えた。後で調べたら、コスタ・ネオロマンチカというイタリアの船だった

2018年5月 3日 (木)

a long vacation 1日目

180503_01

休日一日目。近所のスシ屋でちょっとした会合があった。
運ばれた茶を飲みながら、
「ところで今日は何の日なの?」とぼくは言った。
集まった6人は虚を衝かれたように口ごもり、首をひねった。
ややあって「母の日じゃないの」との声があった。
すぐにだれかが打ち消し、「母の日は日曜日だろ」と言った。
「あ、そうか。今日は何曜日だっけ」
平和な休日の始まりの予感があった

2018年5月 2日 (水)

a long vacation 前夜

180502_01

10年くらい休みます。せっかく来てくれたのにすみません。

なんてね。10年休んだら忘れられてしまうだろうね

2018年5月 1日 (火)

愛の匂い

180501_01

数日前、月末で無効になるポイントに気付いた。何か買わなきゃと思い、何故かふと思いついたあのCDをポチった。昔カーステレオで繰り返し聞いた、友人たちの間でも評判の高かったアレだ。それが今日届いたので、夕食後、さっそく子供たちに聞かせてみた。予想はしていたが、反応は極めて鈍かった。肩をすくめ、やれやれ、という顔をされた。

ちなみに、ピアノを演奏しているのは坂本龍一

本日 昨日

最近のトラックバック