Twitter

サイト内リンク

ご近所ぶろぐ

« 2017年11月 | メイン | 2018年1月 »

2017年12月の記事

2017年12月31日 (日)

A LONG VACATION 3日目

171231_01

朝、コーヒーを飲みながら、風呂場の掃除をするか、こちらの店の大掃除をするかでしばし迷ったが、せっかくの大晦日、ピカピカの風呂場でのんびり湯船につかるのもええな、と考え、店の大掃除は明日に回し、風呂場の掃除を開始した。出窓、壁のタイル、天井、床、湯船、ドア、換気扇、蛇口、桶、イス。スポンジと歯ブラシを使って隅々まで丁寧に洗い、磨く。午前11時に開始し、終わったのが午後5時。今回はカビキラーを使わず、目地の汚れは歯ブラシで擦り落とした。けっこう疲れた

171231_03

では皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください

2017年12月30日 (土)

A LONG VACATION 2日目

171230_02

朝8時、友人たちを見送った後すぐに店に向かった。店の大掃除の続きだ。今日は機械を分解して中のススを掃う。いつもと同じテンポで作業したはずなのに、終了したのは夜の8時。いつもより3時間余計にかかっている。なぜだろう。睡眠不足のせいかもしれない

2017年12月29日 (金)

A LONG VACATION 1日目

171229_01

というわけで、今日から一年で一番長い休みに入る。その一日目は、例によって店の大掃除。いつもなら二人でやるんだけど、一人が今朝の飛行機でどこか飛んで行ってしまって、一人でやることになった。二人だと一日で終わるんだけど、無理なので、今日と明日に分けてすることにした。

夜は、友人たちと忘年会だった。わが家に集まって、飲んでしゃべった。約一名、妙に目がさえて元気なのがいたせいで、2時半まで何かしゃべった。ここにはちょっと書けないような話。もう若くないのに、明日の仕事に響くぜ

2017年12月27日 (水)

車だってたまには珈琲を飲むのです

ドライブに出かけるときは、たいてい、コーヒーをポットに詰めて行く。先日、某植物園の駐車場に車を停め、コーヒーをカップに注いでシフトレバーの横に置いたら、安定が悪くてひっくり返った。地球を周回しているスペースシャトルだったら、こぼれた珈琲は黒い水玉になって空中を漂うのだけど、ぼくが乗ってきたのは地面専用の乗り物だから、黒い液体はすべて床に落ちて吸い込まれてしまった。以来、ぼくの車は、ドアを開けると猛烈にコーヒーの匂いがする

2017年12月25日 (月)

海の底に行ってみた

171225_01

お昼をだいぶ過ぎたころ、どこかで食事にしよう、ということで車を走らせた。海沿いの道路を南に流していると、となりの人が、ここで食べよう、と言ったので、そのハンバーグで有名な店(と、ぼくたちは思っている)に車を乗り入れた。窓際の席に座り、海を眺めていると、頭の中をあの歌が流れてくる

   ソーダ水の中を 貨物船が通る ♪

171225_02

食事を終え、低い空に浮かんでいる太陽に向かって走った。すると甘く冷たいものが欲しくなった。ソフトクリームが食べたいね、ということで意見が一致した

171225_03

海が見える海岸に行ってみた。風が強かった

171225_04

進入禁止。ぼくは免許を取って数年間、この標識の意味を知らなかった

171225_05

灯台へ向かう道。なぜか、となりの国の観光客がたくさんいた

171225_06

某植物園で恒例のイルミをやっていたので、駐車場に車を停め、暗くなるのを待って入場した

171225_07

171225_08

海がテーマになっているようだった

171225_09

ぼくの嫌いなサカナもいた

171225_10

2017年12月22日 (金)

冬の底

171222_01

午後0時00分の太陽

171222_02

ミカンに見えるけど、ただのミカンではありません。今日、これを浮かべて風呂に入ると、なにかいいことがあるそうです

2017年12月21日 (木)

high noon

171221_01

午後0時44分の電柱の影。そういや子供のころ、影踏み、という遊びがあったけど、どうやるんだったか忘れてしまった。

2017年12月20日 (水)

もういくつ寝ると

171220_01

店の大掃除をスタートさせました。

2017年12月19日 (火)

水銀灯

171218_04

夕食後、散歩に出かけた。いつものように遊歩道をとぼとぼ歩く。水銀灯が暗い夜道を冷たく照らしている。その真下にさしかかった時、水銀灯の電球がプツリと切れて、あたりが暗くなった。なんだか不吉な感じがした

2017年12月18日 (月)

砂浜

171218_01

目覚ましが鳴らなかったせいで、朝起きると9時前だった。家には誰もいなかった。コーヒーを点てて、ぼんやりしているうちに昼前になった。ヨッパライ某が用事を済ませて帰ってきたので、海の近くの食堂に行き、魚フライを注文した

171218_03

しばらく波打際を歩いたが、なにも頭に浮かんでこなかった。そんな日もある。最近、そんな日の方が多い

171218_02

小さな貝。心は動かない

2017年12月15日 (金)

夜道

夕食後、おニューの手袋をはめて散歩に出かけた。思ったほど暖かくない。1200円のやつにすればよかった、と、悔やみながら歩いているうちに暖かくなってきた。遊歩道を歩いていると、どこからか中学生が近づいてきて、一緒に歩いてもいいですか、という。いいよ、というと、暗いところを歩くのが怖くて、というので、何が怖いの、幽霊?と聞くと、うん。という。ふーん、家はどこ?ときくと、〇〇町。さっきそこを歩いてきたので引き返す気にならなかった。ぼくはこのまままっすぐ行くよ、というと、彼はうなだれ、だまって右の道に歩いて行った

2017年12月14日 (木)

散歩用に手袋を買う

夕食後、近所を散歩している。一時間くらい歩く。飽きっぽいので、いつまで続くかはわからない。寒いので手袋をしたいところだけど、持ってないので昨日は軍手をはめて歩いた。でも、スースーしてあまり暖かくなかった。そのことをヨッパライ某に言うと、バイパス入り口の某ディスカウントストアに売ってたよ、というので、今日は進路を変更し、そこまで歩いて買ってくることにした。そのストアは夜遅くまで開いているから。手袋を買うのは、ほんとに久しぶり。東京の冬はマフラーと手袋がないと過ごせなかったが、ここではなくても問題ない。寒いときはポケットに手を突っ込んで歩く。手袋は700円のと1200円の2種類があった。散歩用なので、700円のにした。

171214_01

2017年12月11日 (月)

シリウス

ギックリ腰は今日も続いているが、チャンピオンベルトを巻くほどではない。せっかくの休日だが、こんな時に長時間のドライブは禁物だ。できれば家で、のんびり熱いお茶でもすすりながら過ごすのが良い。もちろんコーヒーでもいいのだが、ギックリ腰には熱いお茶がよく似合う。夕食後、腰の具合がだいぶ良くなってきたので夜の散歩に出た。耳や鼻が取れそうなくらい風が冷たい。桜並木の影も凍っている。陸橋の上でシリウスが震えている

2017年12月10日 (日)

あと少しでチャンピオンベルトだった

冷え込んだ朝は気をつけなければならない。ベッドから起き上がる時が特に危険だ。チャンピオンベルトに長年慣れ親しんでいるぼくが言うのだから、きっとそうなのである。というわけで、昨日の朝、うっかり何も考えずにベッドから起き上がってしまい、あのスーパーギャクティカマグナム級の激痛がぼくの腰を襲った、が、反射的に腰の角度を微妙に変化させ、直撃を紙一重でかわしたのである。が、その衝撃波によるダメージはいささか大きく、昨日は一日中、ミイラ男のようにズルズル歩く羽目になった。それは今日の昼過ぎまで続いたが、3時のおやつを食べるころにはラジオ体操ができるほどまでに回復したのである

2017年12月 9日 (土)

12月のカレンダー

171209_01

お客様からいただいたアドベントカレンダー。ドイツ製だそうです。日付をめくると、かなり素朴なおもちゃが顔を出します。

BGMはボブディランのクリスマスソング。ディランがほんとに楽しそうに歌うせいで、こちらまでハッピーな気分

171209_02

2017年12月 8日 (金)

寒いのに温かい

171207_02

それからツバメは幸福の王子のところに飛んで戻り、やったことを王子に伝えました。 「妙なことに」とツバメは言いました。 「こんなに寒いのに、僕は今とても温かい気持ちがするんです」

2017年12月 7日 (木)

シュトレン

171207_01_2

お菓子作りが得意なお客様からいただいた手作りシュトレン。つい食べ過ぎてしまって、クリスマスまで持ちそうにありません。写真写りがわるいのは切れないナイフで切ったぼくのせい。

2017年12月 6日 (水)

そんな夜

171203_07

ピーターと狼がまたループし始めた。彼女が現れるはずもないのに

(あの映画を見た人には解るかもしれない話)

2017年12月 4日 (月)

落葉

171204_01

漁港近くの食堂でエビフライを食べた後、山の上の公園に行ってみた

171204_02

若い女の子が、両手で落ち葉をすくっては、楽しそうに辺りに振りまいていた。絵になる風景だ

171204_03

カメラを持ったオジサンも、同じように落ち葉をすくってまき散らしたかったが、絵にならんだろうと思ってやめた

171204_04

171204_05

落ち葉を踏む音を聞きながら歩く。どうしてぼくはここにいるのだろう

171204_06

2017年12月 3日 (日)

今年も会えたね

171203_02

やあ、368日ぶり!

2017年12月 2日 (土)

海を見ていた午後3時

171124_07

ぼくの時計は午後3時くらいだと思っていたが、昨日の午後、急に進んで夜の9時くらいになった。3時のぼくは9時のぼくに出会い、二人は家の屋上でしばらく話し合った。今日の昼、9時のぼくはいなくなり、3時のぼくが残った

2017年12月 1日 (金)

MOONGLOW

171201_01

このあいだガリガリの三日月だったのに、もう、かなりブタに成長している。変わった生き物を見ているみたいで、なんだか笑える。

明日、2時頃まで、鷹師町の某コーヒー店は閉店しています。