Twitter

サイト内リンク

ご近所ぶろぐ

« 台風一過はカキ氷 | メイン | そろそろ古い日本人 »

2017年8月 9日 (水)

スイカの匂い

170809_01

そのむかし、キュウリは夏を代表する野菜だった。キュウリが好きな人は夏が待ち遠しかった。そんなささやかな楽しみも今はない

170809_02

一方、いうまでもなくスイカは夏の食べ物だ。なにせ原産国はゾウやシマウマがうれしそうに走り回っている、あの熱帯アフリカ。サハラ砂漠には見たこともない巨大なスイカがあちこちに転がっているという(信じないでください)

170809_04

夏の楽しみは数え切れないほどあるが、例えば今日みたいな蒸し暑い夜に冷えたスイカを包丁で割る、という、どこか儀式めいた遊びもその一つ。包丁を入れる。その外観からは想像できない、鮮やかな赤が飛び出す。デュシャン→ウォーホル的芸術がふいにデジャビュするアーティスティックな瞬間(なんのこっちゃ)

170809_03

しかし、肝心なのはややこしい芸術論ではない。ただ、目の前のスイカをおいしく食べる。それだけ。エランヴィタール。そこだよキミ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.synapse-blog.jp/t/trackback/190468/34076503

スイカの匂いを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿