Twitter

サイト内リンク

ご近所ぶろぐ

« 2017年5月 | メイン | 2017年7月 »

2017年6月の記事

2017年6月30日 (金)

なんとなくチャンピオン

170630_01

仕事の帰りに某DIYホームセンターに寄って、自宅の天井を修理するための板を買い、必要なサイズに裁断してもらった。このホームセンターは夜10時まで営業しているのでとても助かる。ついでに庭木の高い枝を切るハサミも買うことにした。適当なものを手に取り、レジに持っていく段になって、待てよ、ネットの方がずっと安いんじゃないか、と思ったのだが、疲れていたので、そのまま買って帰った。さっき、よせばいいのにネットで価格を調べてみた。すると…意外なことに、某熱帯雨林をはじめ、ネット販売店での価格は軒並み3割以上高かった。なんだか勝利者になった気分

2017年6月29日 (木)

人工知能の世界では魔術が働き始めたらしい

半月ほど前、ネットに面白い記事が上がっていた。某国営放送HP「視点・論点」に掲載された「人工知能と黒魔術」という記事。おととい、人工知能を勉強している学生さんが店にいらしたとき、この記事のことを話したところ、仲間の間でもかなり話題になっている、とのことだった。5分で読める短い記事なので、直接読んだ方がいいと思うのだけど、とりあえず以下に端折って書き写します。

現在、人工知能の開発は飛躍的に進んでいるのですが、実は同時に科学者やエンジニア達は今、少し困った状況になっています。それは、人工知能の性能を上げるほど、なぜ性能が上がったのかを説明できなくなっているのです。
---- 中略 ----
驚かれるかもしれませんが、この「黒魔術」は人工知能の世界でもスラングとして定着しており、どうやって生まれたのか、あるいはなぜ効果が出るのかわからない技術の総称となっているのです。当然ながら、人工知能を研究する学問分野である情報科学は、もともと論理や数学が支配する世界でした。理論や理屈がすべてを説明できる世界だったということですね。しかし、現代の情報科学、とりわけ人工知能の分野では、だんだんと黒魔術の影響力が強くなってきています。
---- 中略 ----
私たちが普段の教育で触れる科学は、基本的に還元主義という考え方でできています。還元主義は「物事を分解し、細部の構造を理解していけば、全体を理解できる」という考え方です。科学者でなくても、この考え方に賛同する方は多いと思います。たとえばあなたが時計というものを完全に理解しなければならないとしたら、まずすべての部品を分解して、歯車やゼンマイのしくみを知り、それぞれの動作を把握するはずです。そして今度はそれらの部品を再度組み立てます。そうした作業をへて、時計という機構は理解できるようになるのです。熟練の時計職人であれば、時計がどのようなしくみで動き、どうすれば性能を上げることができるのかを明確に説明することもできるでしょう。しかし知能を理解するには、この還元主義的な考えではうまくいきません。
---- 中略 ----
要素を切り分けて個別に理解していくという、還元主義という伝統的な科学の思想とは相容れない------。結局、知能というのは隠された方程式があって、それを解き明かすのではなく、どこまで行ってもモヤモヤしたよくわからないものであることを受け入れるしかない —— それが今の人工知能の研究者たち・エンジニア達の実感なのです。
---- ここまで ----

なんだか不安になりました(笑) まるでSFですね。アシモフの未来小説の序章を読んでるみたいな

2017年6月28日 (水)

ペンギンのケークウォーク

170628_01

夕食後、いただきもののトウフケーキを食べた。箱から出したら、ケーキの上をペンギンが歩いていた

2017年6月26日 (月)

雨のソフトクリーム

170626_01

今日はせっかくの休日だったが、法定12ヶ月点検、とかで、車をディーラーに持っていかねばならなかった。点検が終わるまでの待ち時間、代車を借りて近くのホームセンターに買い物に行った。店内には買い物客に交じって、老人がヒマつぶしに来ていた。ヨッパライ某が買い物をしている間、所在なくぶらぶらしていたので、もしかすると同類と思われたかもしれない。12時に点検が終わったので、どこかで昼飯にしよう、ということになり、いつもの漁港近くのスシ屋に向かった。2時までに着かないとスシにありつけないので、念のためナビに到着予想時刻を計算させたところ、2時5分、と出た。まともにトロトロ走れば、それくらいかかるかもしれない。でも、山道をショートカットしながら走れば1時半には着くはず。というわけで、安全運転を心掛けながら急いで走った。ディーラーを出て1時間半後、ぼくらはスシ屋の座敷に座り、安い方の寿司をつまんでいた。いつもなら帰りに海に寄って、砂浜をぶらつくのだけど、昨夜あまり寝てないので、まっすぐ帰ることにした。途中、饅頭屋の軒先でソフトクリームを食べた。雨の日のソフトクリームは雲のような味がする

2017年6月25日 (日)

映画館は広かった

170625_01

仕事が終わった後、近くの駅ビルに映画を見に行った。昨日封切られた作品だったせいか、座席数の一番多い、広々としたシアターが割り当てられていた。ぼくたちは予約した席に着いて映画が始まるのを待った。ぼくら二人のほかには誰もいない。長い予告編がやっと終わり、場内が暗くなった頃、男が一人入ってきたが、それきりだった

2017年6月22日 (木)

小さな鉢

170622_01

昨夜、仕事の帰りに某DIYホームセンターに寄って、店のビルの階段に手すりを付けるための材料を調達した。内階段用の木製手すりは需要があるせいか簡単にそろえることができたが、風雨にさらされる外階段用の手すりは専用の物がなく、ステンレスパイプとブラケットを適当に選んで組み合わせる必要があった

170622_02

買い物を終え、袋を抱えて通路を歩いていると、脇のパレットに小さな多肉植物がたくさん並べてあった。一鉢125円

170622_03

学生の頃、駅前の園芸店で小さな鉢植えを買い、アパートに持ち帰ったものだった。窓辺に鉢を置き、それを眺めながらラジオを聴いていた

2017年6月20日 (火)

こだわると苦労が増えるのです

170417_06

左は誕生プレゼントにヨッパライ某からもらった時計。ぼくが長年愛用していた掛時計(右)がこわれ、修理したい、と時々つぶやいていたのを覚えていて、100円ショップで買ってきてくれたのだ

170620_02

時計の中身を取り替えれば、生き返るはずだったのだけど… 左が100円ショップ、右がオリジナル。指針を動かす軸の太さがわずかに違う

170417_07

残念ながら、オリジナルの指針を取り付けられず、100円ショップの指針をそのまま使うことになった。はっきり言って、とてもカッコ悪い

170620_01

あれから2ヶ月経った。カッコ悪さにがまんができず、先日、某熱帯雨林で、イチかバチか、ムーブメントだけ注文してみた。送料込み249円。中国から約3週間かけて直接送ってくる。写真、真ん中のがそれ

170620_05

悲しいことに軸の太さは100円ショップと同じだった。でも、指針の色は前よりはずっといい。ただ、ひとつ難点がある。針の色が本体と同じなので、至近距離で見ないと何時なのかさっぱりわからない

2017年6月19日 (月)

頭痛は思い出したころにやってくる

170619_01

朝起きて時計を見ると10時だった。昨日から原因不明の頭痛に取りつかれていたので、今日はどこか近いところで昼食にしよう、ということになり、山を越え、海の近くの食堂に向かった。途中、水草の花が咲いている池に寄ってみた

170619_02

海辺の食堂で魚フライを食べた。海を見ながら走っているうちに頭痛の事は忘れてしまっていた。とてもおいしかったので、いつものようにご飯のお代わりをしたが、食べ終わってふと頭痛の事を思い出し、再びひどい頭痛に取りつかれてしまった

170619_03

海辺を歩いているうちに頭痛の事は忘れてしまっていた。波打際で小さな子供が水遊びしていた。初夏の遠い記憶を呼び戻す切ない光景

170619_05

BGMは波の音だけ

170619_04

170619_06

家に帰りつくころ、頭痛がぶり返し、ベッドに倒れ込んで今まで寝ていた。今夜、眠れるだろうか

2017年6月16日 (金)

もうねます

歯茎に何か刺さっていた。取れたけど痛いのでもう寝ます

2017年6月13日 (火)

珈琲を売るのは簡単とは限らない

お客さんがいらして、いつものコーヒー豆を注文された。
新しい豆が入ってますよ、と、ぼくは言った。
へえ、どんな味? と彼は聞いた。
さわやかな苦みがあって、雑味がなく、後味スッキリ。こんな男がいたら、さぞやモテるだろなーといった味、とでもいいましょうか。
すると、そりゃボクのことじゃないですか!と彼は叫んだ。
ぼくは不意を突かれ、しばらく声が出なかったが、
そそ、そうかもしれないですね。と、間の抜けた返答をしてしまった。
接客業には未経験者には想像できない大変さがある

2017年6月12日 (月)

6月の植物園

170612_05

南の植物園にアジサイを見に行った

170612_04

花はあまり咲いてなかった。昨年の台風のせいだそうだ

170612_03近くのハーブ園に行って、カボチャプリンを食べた

2017年6月11日 (日)

夜のミラーマン

夕食後、天体望遠鏡の主鏡と斜鏡を取り外し、洗浄を開始した。鏡というものは放っておくと曇ってくる。女性は曇った鏡に映した方が美しく見えるが、星はそのままの方がきれいなので、曇りを取る必要がある

170611_01

洗浄前の斜鏡。膜が張ったみたいにくすんでいる

170611_02

洗浄後

170611_03

洗浄前の主鏡。ぼんやり曇っている。ぼくの心みたいに

170611_04

家族が寝静まった深夜、台所に立って鏡を洗う男が一人

170611_05

洗浄後の主鏡。洗剤を洗い流した後、シミを残さないよう精製水ですすぐ。乾燥後、光軸調整をやりやすくするため、鏡の中心にマークを入れる

2017年6月 9日 (金)

苺月

170609_01

月がイチゴに見えるなんて。よほど腹が減ってたんだろうね

2017年6月 8日 (木)

土星は風に震えていた

20170608_001

今日の土星。今夜はコンデジで撮ってみました。動画で撮影したものをRegiStaxでスタックしています

2017年6月 7日 (水)

雨のウエンズデイのランチタイム

170607_01

朝、出勤する前に駐車場の奥に咲いているアジサイの花を撮った。毎年撮影しているので、今年も撮らなきゃ、という、ささやかな義務感が生じたためであった。ふと時計を見ると、出勤時間を過ぎている。あわてて車を出した

170607_03

店に着いて、大変なことに気がついた。弁当を持ってくるのを忘れたのだ。いま、ヨッパライ某は旅行に出かけていて、弁当は息子が作っている。確か、今日の弁当のおかずはハンバーグだった。どうしよう。店の冷蔵庫を開けると、お客さんからいただいた手作りのリエットと、スーパーで買った安いフランスパンが入っていた

170607_04

雨が降り出す前に、屋上菜園に雑草のように生い茂っているレタスを引きちぎってきた。これを安いフランスパンにリエットとともにはさんで、昼食にすることにした

2017年6月 6日 (火)

曇り空

170606_01

ラジオで言ってた。梅雨に入ったんだって。曇ってるのはそのせい

17060615

▼▼▼▼▼▼▼が近づいてきた。明日は雨?

2017年6月 5日 (月)

月曜の月

170605_04

というわけで、今夜は月を撮ってみた。

170605_05

今日は休みだったので、のんびり楽しみながら望遠鏡の主鏡と斜鏡の光軸合わせをした。目視で調整したので、厳密には合ってないけど、像は見違えるほどシャープになった

170605_06

月の右に見えるのは木星。土星も撮りたかったけど、雲が出てきた

2017年6月 4日 (日)

それでも土星は遠かった

170605_01

というわけでスマホで土星を撮ってみた

170605_02

望遠鏡にくっつけて

170605_03

光軸を合わせるのが意外と難しい。めんどくさい

2017年6月 2日 (金)

土星は遠かった

170602_01

さっき、カメラに望遠レンズをくっつけて撮ったんですが。土星に見えますかね