Twitter

サイト内リンク

ご近所ぶろぐ

2017年4月20日 (木)

ワイルドなナルシスト

170420_01

おとなりの庭に、変な花が咲いてました。ネットで調べてみたら、スイセンの野生種で、ナルキッスス・バルボコディウム、という名だそうです。野生のナルシスト。なかなか手ごわそう

2017年4月18日 (火)

文章を書くこと

170417_07

書くことによって見えてくること、理解できること。信じないと理解できないこと、見えないこと。

あぶないけど、やらないと後悔しそうなこと

2017年4月17日 (月)

君のケーキは燃えているか

170417_05

漁港近くの店で昼食をとり、海沿いの公園に行ってみた。いつもは安い方の寿司にするんだけど、今日は特別な日なのでタカエビ定食にした。おいしかったです

170417_04

塔が好きなのです

170417_01

強風が木々を揺さぶり、どよめき、ざわめく。なんだか交響曲を聞いているみたい

170417_02

リターントゥフォーエバー

170417_03

帰宅して本の続きを読んでいるうちに夜になった。今日はケーキのろうそくを消す日。強い熱気にちょっとひるんだけど、今年も一息で消すことができました。ろうそくを数える必要はありません

2017年4月14日 (金)

スイングする文体でいつも考えているのです

170414_01

久しぶりに本を読みたくなって、図書館から3冊借りてきた。この前読んだ村上春樹の騎士団長殺しが呼び水になったのだと思う。村上春樹のどこがいいの? と、周囲の人によく聞かれる。自分でもよくわからないのだけど、一つ言えるのは、彼の文体には、ぼくにとってジャズのスイングに似た心地よいノリがある。特に、一人称の作品は気持ちよくスイングしてくれる。今回の作品は一人称でノリがよかったのだけど、第二部の中ほどあたりからリズムのテンポが速くなり、マーチみたいになってスイングしなくなった。一人称の限界なのかもしれないけど、説明的で少し興が醒めた。作者はわかっててやってるのだろうけど。ちなみに今回借りたのは、ポール・オースター 冬の日誌、アンソニー・ドーア すべての見えない光、エドゥアルド・ハルフォン ポーランドのボクサー

2017年4月12日 (水)

ムーンピラー

170412_01

月が燃えているぜ

170412_02

ムーンピラー(月柱)という現象だそうです

2017年4月10日 (月)

雨の中のさくら

170410_01

雨の中、先日開通した南薩縦貫道を走り、カツオで有名なあの町に着いた

170410_02

昼食は某おさかなセンターの食堂でエビフライ定食にした。ここはまだ昭和のままだった。昼食後、傘をさして堤防を歩いていたら、突風に煽られ、傘の骨が折れて後悔した

170410_03

帰りに山の上の公園に寄って、桜を見た

170410_04

雨が降っているせいか、花見をしている人も歩いている人も、だれもいなかった

170410_05

2017年4月 9日 (日)

春の夜

170409_01

夕食後、ほろ酔い加減で散歩に出かけた。桜並木の遊歩道を歩いていると、若者3人が乗ったスクーターが大声で笑いながら走り抜けて行った

170409_02

春だね

2017年4月 8日 (土)

ニワトリの声で目が覚めた

目覚ましが鳴る少し前だった。ギョエーーーーという、ニワトリを絞め殺すような声に驚いて目が覚めた。隣の洗面所からだ。ふっ、ついに死んだか。今年に入って週に一度くらい、洗濯機から妙な音がしていたのだ。洗濯機は2階に置いてあるので、階下で食事の準備をしているヨッパライ某には聞こえなかったようだ。朝からめんどうな話はしたくなかったし、ニワトリの事は黙ったまま仕事に出かけた。夜、夕食を囲んでいると、「洗濯機がこわれて脱水できなかった」とヨッパライ某が言った。部屋に濡れた洗濯物が干してあったのはそのせいだったのだ。ふーん、後で見てみるよ、とぼくは言った。

170408_02

洗濯機を寝かせて中を見ると、思った通りベルトが伸びて緩んでいた。断末魔の叫び声はベルトがスリップする音だったのだ。軸受のベアリングが割れたのだったら新しいのを買うつもりでいたが、そちらは何ともなかった。モーターの台座を固定しているボルトを緩め、台座をずらしてベルトのテンションを回復。元通りボルトを締めて完了。それにしてもこの洗濯機、なかなかこわれない。ちなみに日立製

2017年4月 7日 (金)

ラピュタな夜なのです

170407_02

ケムール人が向こうから走ってきそうな夜

2017年4月 6日 (木)

掃除機の調子がわるい夢

春になったせいか、ここのところ見る夢が新しいバージョンに更新された。数日前に見た夢は、ゴシック調の街並みの中をゴシック調の車やバイクが走っているという、今までにないタイプのものだった。そこでぼくは、バカの一つ覚えのように、ひたすら写真を撮っていた。あまり意味のない夢だ。その前に見た夢は、どこかの家を掃除機で掃除している夢だった。掃除機の調子が悪いのか、なかなかゴミが減らない。部屋の隅のごみを手で片づけていると、中から脚の長い、大きな黒い蜘蛛が出てきた。じゃまなので、そいつを外に追い出そうとするのだが、いうことを聞かない。何とか外に出すと、また中に入ってこようとする。意味がある夢のような気がして、ネットで調べたら、「物事が片付かないときに見る夢」ということだった。なんだ、そのままじゃん

本日 昨日

最近のトラックバック