Twitter

サイト内リンク

ご近所ぶろぐ

2017年2月23日 (木)

薪を割る男

ある本を読んでいたら、こんなことが書いてあった。
「男性の場合、失恋にもっとも効くのは、斧をもって、身体がくたくたになるまで薪を割ることだそうである」
なるほど、なんだか分かる気がする。ぜひ試してみたいものだ。でも、失恋しないことには試しようがない

2017年2月22日 (水)

あの日の君は

中学生の時に毎日欠かさずクラス担任に提出していた「生活の記録」を今に再現してみよう、という試みで始めたのがこのブログだった。だから何はともあれ、毎日書く、ということに重きを置いていたのだったが

170210_01

例えば2月10日。雪が降った日だ。こういう日こそ「記録」するべきなのに、何も書いてない。写真は撮っているのだが、記録してない。理由はわからない

170211_01

2月11日。同じく写真は撮っているが記録はない。この二日間、ぼくは何を考えていたのだろう。少し気になる

2017年2月21日 (火)

Magic

170221_01

見れば見るほど不思議。鳥肌が立ってしまう。なんでこんなものがあるんだろう

2017年2月20日 (月)

なんとなく魚フライ

170220_01

最近、天気予報がよく当たる。科学が進歩したせいかもしれない。よく当たる天気予報はつまらない。天気予報の良さは外れるところにある。外は雨。せっかくの休みなのに、昼過ぎまで台風のような雨。こんな日は魚フライが食べたくなる

170220_02

昼をだいぶ過ぎていたが、海の近くの食堂に出かけた。魚フライを食べた後、雨が止んだら、堤防に出て海を眺めるつもりでいた。でも、堤防は派手に波をかぶっていて、水中メガネがないと歩いて行けそうにない

デジャビュ

昨夕、店じまいをしていると、この辺りでは見かけない、どこか未来風の服に身を包んだ若い女性が入ってきた。まだ大丈夫ですか? 推定身長172cmの彼女は言った。大丈夫ですよ。と、ぼくは応じた。彼女は深煎りの珈琲豆を二つ買い、勘定を済ますと、にっこり笑って、写真を撮ってもいいですか?と言った。かまわないですよ、というと、バッグから大きなレンズのついたキャノンを取り出し、軽いフットワークで店内を回り、シャッターを切った。ぼくはデジャビュを見てる気がした。ずいぶん前になるけど、これとそっくりなシーンがあった。ただ、それぞれの彼女が持つキャノンのシャッター音が違った。今のキャノンはとても静かだ

2017年2月19日 (日)

夜更けのミュウ その後

数日前の夜、屋上に上がり、星空を眺めようとイスに腰かけた。いつもと何かが違う。そう、ミュウの声がしない。ぼくはイスから立ち上がり、あたりを歩き回った。左のサンダルに重心をかけ、片足を上げてみた。何も聞こえない。左のサンダルの下で鳴いていたミュウはいなくなった。どこかに旅立ってしまった。ぼくはまた一人になった

在りし日のミュウの鳴き声↓

2017年2月17日 (金)

おやすみ

大人とは飽きた人のことだ。こうして文章を書いていると、そのことがよくわかる。つまり、白い画面に向かったはいいが、何も書く気にならない。すでに飽きてしまっているのだ。大人だからな。分かるかな。おやすみ

2017年2月16日 (木)

春のラッパ

170216_02

小さな花がラッパを鳴らしてるように見えて、思わず耳を澄ませました

2017年2月15日 (水)

But the fool on the hill

170213_08

あの頃のぼくには見えなかったもの

2017年2月14日 (火)

坂道

170213_07

晴れた日に山を登っていく。曲がりくねった細い道。ちょっと疲れて、道端で休憩。何気なく下界を見下ろすと、今まで歩いてきた道が遠く小さく見える。このブログも書き始めて10年になるけれど、たまに過去の記事を読むと、山の上から見下ろしているように見えておもしろい。高いところから見下ろしているように感じられるのは、今のぼくが、あの頃より少しは成長しているということかな